レインボーラインのバナー
レインボーライン スマホ/PC対応

恋人 飲み友 ガテン

レインボーラインは、出会いに積極的な男性が多いのが特徴♪国内最大級の安定優良サイト♪
ジャンル別にカテゴリー分けされているので、希望通りの相手がきっと見つかります☆

Men's clubのバナー
Men's club スマホ/PC対応

恋人 友達 セフレ

全国各地で相手探しが出来るので、ご近所で出会う事ももちろん可能です☆
登録無料で即利用可能なので、今すぐ会いたい方や初心者の方に特にオススメです♪

ゲイ☆パラのバナー
ゲイ☆パラ スマホ/PC対応

恋人 友達 メル友 H友

年齢、地域、目的別に検索可能でご近所さんともすぐに出会える♪ 口コミ掲示板でも評価が高いので初心者の方も安心してご利用できますよ。

男性同士の恋愛を全力サポートします


「ホモとゲイの違い」って何だ、というような質問がサイトに載っています。どの項目を見ても、あまりしっくりとはこない内容ばかりです。ホモとゲイの違いを考えてみてもよくわからないのであれば、学術的に考察を試みても理解できないものでしょう。

「男が女を愛す」というのは何の説明も要らない事実なのですが、「男が男を愛す」となれば、普通の人にとってはかなり緊張を強いられます。それほど特異な世界のように感じてしまいます。しかし、出会い系サイトの「ゲイ・ホモ」コーナーは、かなりの賑わいを見せています。全裸に近い痩せマッチョの男性が、「君も来ないか」と誘っています。

オタクタイプの下腹部がだらしなく弛んだ男性よりは、痩せマッチョの男性のほうが普通の女性好き男性の目も奪うことは確実です。女性好き男性も、痩せマッチョ男性の筋肉には脱帽してしまいます。しかし、そうであっても普通、男性とベッドを共にする気はありません。「男は固いものだから、柔らかい女性に憧れる」というようなコマーシャルがありました。

固い男性同士がベッドの上で「のた打ち回る」ような絵は、普通の人には想像もしたくないでしょう。しかし、出会い系サイトのホモ・ゲイコーナーは盛況です。そういう趣味の男性たちのコーナーですから、そう毛嫌いせずに覗いてみましょう。

ゲイの出会い系サイトでは「性行為」だけに特化したものが多いようです。ゲイ・ホモ関係での究極の目的はやはり、男性同士の「性行為」にあると言えましょう。ただ、ホモ・ゲイ出会い系サイトでも、男性同士の恋人関係を築きたい者同士のコーナーもあります。この場合は単なる「性欲解消のセックス」に留まらず、友情以上の「男の関係」を築くためのサイトですから、「男のやさしさ」を求め合う関係作りが目的です。そのため、電話・メール・会話など、全ての恋人関係構築の手段がとられます。キーワードは「男同士の優しさ」です。

男が本来向けなければならない女性への優しさが「男性同士の優しさ」へと転化したものがホモ・ゲイ関係なのです。「男性同士の恋人関係」は「男性同士のセックス」が目的の男性よりは大分少なくなりますが、結構な数を見つけることはできます。この関係は「棄てられる」ことを一番嫌うので、棄てられないような気配りが求められます。普通の男性が女性にしてやるような優しさが必要でしょう。

あるゲイ・Aさんの体験から見えてくるものがあります。Aさんは普通の恋愛をしていました。しかし、彼女との交際に疲れて、ふとゲイ専門のサイトに立ち寄ってみました。そこには、痩せマッチョの男性の写真が多く掲げられていて、ものすごく興奮してしまったというのです。「こんな体に抱かれたい」と思うようになり、たまらずサイトに登録しました。

そのサイトでは「男性同士のセックス」がメインでしたが、夢中になれるものでした。女性との交際にいまいち夢中になれない自分に戸惑っていましたが、自分がゲイであると確信してからは、気が軽くなりました。サイトを訪問してからは、同好の士がこれほど多いことにびっくりしています。女性と交際することに違和感を感じ始めたら、こういう出会い系サイトのゲイ・ホモコーナーに立ち寄ってみませんか?

Bさんの場合は、サイトを訪問した時から、マッチョ風の体の男性に興奮する習慣がついてしまいました。ぜひとも、こんな男性と友達になりたいとの一身からサイトに登録しました。ゲイ・ホモコーナーはそんなには登録者はいません。メールを出すとほとんどが決まります。

最初は恋人関係から……、と思っておりましたが、セックスを求められました。いやらしいと思う気持ちも、セックスの回数を重ねていくうちに、快感に変わっていきました。今は一緒に住みたい男性もいます。

Cさんのお話です。出会い系サイトのホモ・ゲイコーナーから、実際会ってみたい男性にメールをしました。メール内容から、気が合いそうな人みたいなので会うことにしました。服装などは普通っぽい人だったのですが、話してみると「オネエ言葉」を多用するのです。いかにホモ・ゲイと言っても「オネエ言葉」の嫌いな人もいるのではないでしょうか。この辺に気をつけたいものです。

このごろの出会い系サイトでは、専門性が「売り」になっているところのほうが登録会員を集め易いということです。ゲイ・ホモ、結婚の婚活、セフレ、話し相手などに特化したサイトのほうが、訪問者も無駄なく希望をかなえられると考えたのでしょう。普通の恋愛と違って、職場や近所で同性愛者を探すことはできません。できれば秘密裡に相手を探して楽しみたい願望は強いものです。そんな時のサイト出現は、まさに「渡りに船」の感があります。是非これを活用したいものです。

しかし、ホモ・ゲイ関係では、それぞれの肉体を求め合った結果、「不満を持った時」や「希望が叶わなかった時」などに、まれに刃傷沙汰や殺人事件に発展することがあります。男同士の恋愛関係の場合は、普段の「やさしさ」が「憎悪」や「嫉妬」に変わった時、その危険度は計り知れません。「力任せ」にエネルギーが炸裂してしまう危険があります。このことを常にわきまえて行動することにしましょう。

男同士の恋愛のもつれは「惨劇を生む」という言葉を忘れないように。